現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】fateコラボの再醒した「遠坂凛」のブーストアップと回復はやっぱ使える!?【評価・強さ】

再醒した遠坂凛のリーダースキルで炎属性と神族のステータスを上昇!

遠坂凛は、味方の炎属性ユニットまたは神族ユニットのHPが2.5倍、攻撃力が3.0倍になる、という、自身が持ち合わせない神族も効果範囲に含む少々変わったスキルを所持しています。
炎属性ユニットと炎属性以外の神族ユニットをデメリットなく同じパーティーで使用することができるのが最大の利点です。

 

遠坂凛のNSとアクティブスキルで攻撃と回復を両立!?

遠坂凛はノーマルスキルに炎パネル2枚で20%のHP回復、アクティブスキルで×50倍の炎属性攻撃が可能なユニットです。再醒して、わずかながらに数値が上昇しています。
回復パネルを使用しないHP回復のノーマルスキルは比較的希少で、攻撃に専念しつつ回復も行いたい場合や、回復パネルの出現率を下げ、相対的に炎パネルの出現率を上げるという戦法をとりたい場合などに心強いスキルです。
また、アクティブスキルには手札を全て炎パネルに書き換える効果も付随しており、味方のノーマルスキル成立もサポートしてくれます。

スキルマになると、12ターンで放つことができるため、攻撃できない点もこのスキルで誤魔化せそうですね。

 

再醒した遠坂凛のパッシブスキルでBOOSTの出現率を大幅アップ!

 

遠坂凛はパッシブスキルに、場にBOOSTが出やすくなり、最大3箇所まで出現する、という効果を所持しています。
BOOSTスキルを所持したユニットが増えている現在、BOOSTの有用性は極端に跳ね上がっています。
BOOSTアップの効果はリンクパッシブでもつけられるため、リンクに頼る手もありますが、3箇所以上出現する可能性を持ったリンクパッシブを所持しているユニットは現状入手が困難な3ユニットしかおらず、遠坂凛のパッシブスキルを使用するメリットは十分に大きいと言えるでしょう。

 

再醒した遠坂凛のリンクユニットとして

遠坂凛はリンクパッシブに最大2箇所までのBOOSTアップの効果を所持しており、リンクユニットとしても優秀なユニットです。
人間族であることからHPと攻撃力の純粋な強化が図れるためデメリットが少なく、どのユニットにリンクしてもしっかりベースユニットを強化してくれるのも魅力です。

 

再醒した遠坂凛と相性の良いユニットとは?

炎調者クランチ
風パネルの出現率を大幅に下げ、相対的に炎パネルの出現率を上昇させるパッシブスキルを有している炎属性ユニットであることから、遠坂凛と相性の良いユニットのひとつです。
また、闇調者ファズ、風獣神サナエ、光獣神ソガなど炎以外のパネルの出現率を大幅に下げることができる神族ユニットも、遠坂凛をリーダーとしたパーティーとの相性は抜群です。
=レオラ=ベディヴィア
炎パネルの出現率を単体で上昇させることができるパッシブスキルとリンクパッシブを有していることから、炎パネルでHPを回復が出来るノーマルスキルを所持した遠坂凛とはベースユニットとしてもリンクユニットとしても相性の良いユニットです。
炎奏徒フォルテ
炎属性人間族統一パーティーを組む際、リーダー、もしくはフレンドとして是非使いたい非常に優秀なユニットです。
BOOSTスキルに次の1ターン敵全体が受ける炎属性のダメージを1.2倍にする珍しいスキルを所持していることから、BOOSTアップ効果の恩恵の大きいユニットで、炎属性人間族かつBOOSTアップのパッシブスキルを有した遠坂凛と相性抜群なユニットです。

 

再醒した遠坂凛の総合評価

再醒した遠坂凛は、非常に優秀なスキルを複数所持していますが、どのスキルも他のユニットの長所を最大限引き出すサポーター的要素が濃く、扱いやすく使用するデメリットがないのが最大の長所とも言えます。スキルターンが短くなっている点もうれしいポイントです。
遠坂凛を主軸にパーティーを組むのは少々難しいですが、炎属性や人間族、神族をメインにしたパーティーを考える際にはまず候補に上げたいユニットです。


クオリティーが凄いww



PCレベルのクオリティーをスマホでできるMMORPGです。電池消耗が低くキャラが魅力的で操作するのが楽しくなるのがポチポチゲーと違って良いですね!

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「遊戯王」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」