現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】再醒モルドレッドの火力と闇パネアップは良い!【評価・強さ】

割合ダメージとパネル生成のアクティブスキル

リオ≠モルドレッドの最大の特徴は敵全体のHPを30%減らす。さらに、手札の左から3枚が闇パネルになる、というアクティブスキルにあります。
自身の攻撃力や敵のHP、防御力にかかわらず敵の残りHPの30%を一気に減らすことができるため、HP総量が多い敵や防御力の高い敵に対して大きな効果を発揮します。
また、闇属性単一パーティーを組む場合確実に必要になる闇パネルを3枚生成してくれることから、ノーマルスキルの成立もサポートしてくれます。

 

闇パネルの出現率を操作するパッシブスキル

リオ≠モルドレッドはパッシブスキルに闇パネルの出現率がわずかに上がる、という闇パネルの出現率を単体で上昇させるスキルを所持しています。
わずか、と少々心もとない上昇率ですが、回復パネルなど他の必要なパネルの出現率を相対的に全て下げてしまう副作用がある事からちょうど良いバランスともいえます。
また、パネルダウン系のパッシブスキルやリンクパッシブと併用することで、闇パネルを含む必要なパネルの出現率を大きく上昇させることが可能なため、リンクユニットも含め、上手くかみ合うパーティーを考えられればこのスキルの長所をしっかり生かせるでしょう。

 

闇属性のHPと攻撃力を2.5倍にするリーダースキル

リオ≠モルドレッドは、リーダースキルも味方の闇属性ユニットのHPと攻撃力が2.5倍になる、という比較的扱いやすく倍率も高いスキルを所持しています。
3倍以上のスキルが増えてきた現状では中程度の性能となってしまいましたが、それでも十分に活躍の機会の多いスキルです。

 

モルドレッド再醒のリンクユニットとして

リオ≠モルドレッドは、リンクパッシブに闇パネルの出現率が15%上がる、というスキルを所持していることから、特に闇パネルをメインに使うユニットにリンクする場合優秀なユニットだと言えるでしょう。
また、攻撃力に特化したリンクボーナスを持つ闇属性であることも注目したいポイントです。
リオ≠モルドレッドをリンクするには入手難度の高いユニットが必要なため、リンクユニットとして使う場合、ベースユニットは慎重に選びましょう。

 

再醒のリオ≠モルドレッドと相性の良いユニット

闇愛精モルガン(フェス限・闇・妖精・人間)
闇属性を効果範囲に含む高倍率のリーダースキルと、闇属性ユニット全体の中でも群を抜いて強いユニットであることからリオ≠モルドレッドを使用したパーティーのリーダー、もしくはフレンド枠で使用したいユニットです。
ラン=パーシヴァル(闇・人間・再醒)
闇属性人間族のみが効果範囲の倍率の高いリーダースキルから、闇属性人間族を使用する際リーダースキルを使いたいユニットの筆頭格となります。
リオ≠モルドレッドは闇属性人間族の中では特に高い性能と扱いやすさを誇っているため、ラン=パーシヴァルを使用した闇属性人間族統一パーティーに是非使用したいユニットです。
曇術師クラウディ(闇・妖精)
炎・水・風の3種類のパネルの出現率を下げるパッシブスキルを所持していることから、リオ≠モルドレッドのパッシブスキルと非常に相性の良いユニットです。
また、リンクパッシブにも同パネルを下げる効果を持っているため、リオ≠モルドレッドにリンクするユニットとしても相性抜群です。

 

リオ≠モルドレッドの総合評価

あらゆる面でバランスが良く、使い勝手も良い、様々なパーティーでの使用が考えられるユニットです。
ただし、一点特化の強力なユニットが次々と出てきている現状、最強を目指す場合には使う機会が限られつつあるユニットでもあります。
特に闇属性には個性的なユニットが多くいるため、再醒させる場合には使用用途をしっかり考えてからにしましょう。

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」