現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】再醒イナリの1パネはどうやって使って生かす?【評価・強さ】

再醒イナリは炎パネル1枚で攻撃、3枚で回復のノーマルスキル

ドロップユニットであるイナリが再醒した神威狐イナリの最大の特徴が、ノーマルスキルの個性的なスキル構成です。
ノーマルスキル1は炎パネル1枚で単体小攻撃のスキル。
ノーマルスキル2は炎パネル3枚でHPを15%回復するHP回復のスキル。
どちらも強力とは言い難いものの、1パネル攻撃も回復パネルを使わない回復のスキルも希少で、使い勝手の良いスキルです。
ただひとつ注意しなくてはいけないのが、どちらのスキルも同じ炎パネルを使用する点。
rate数を上げて与ダメージアップを狙いたいときに同じ場に3パネル以上出してしまうとrate数も下がる上攻撃から回復に切り替わってしまうため、使い方をしっかり考えてから戦闘に臨みましょう。

HP回復と状態異常解除の効果を併せ持つアクティブスキル

神威狐イナリはアクティブスキルに、HPを15%回復し、味方にかかっている全ての効果・状態異常が消える(SP消費:1)、という回復と状態異常解除の効果を併せ持つスキルを所持しています。
同系統のスキルを所持したユニットは数多くいるのですが、神威狐イナリのアクティブスキルは9ターンと極端に短いスパンで使用できるという点で、他ユニットに比べ大きなアドバンテージを持っています。
また、スキルレベルを上げることで最短4ターンまで縮めることもできるため、連続で毒や被ダメージアップなどの危ない状態異常をかけてくる敵に対して非常に効果的なスキルです。

獣族のHPと攻撃力共に2.5倍にするリーダースキル

神威狐イナリはリーダースキルも優秀で、味方の獣族ユニットのHPと攻撃力が2.5倍になる、という効果範囲は獣族に限られるものの、フェス限ユニットである神主狐ヤシロと同倍率のスキルを所持しています。
獣族は全体数が少ないため、少々扱いづらい部分はありますが、フレンド枠に狂騒獣タマを使用したパーティーなどのリーダーとしても大いに活躍してくれるでしょう。

再醒イナリのリンクユニットとして

神威狐イナリはコストも高く、炎属性獣族もリンクユニットとして悪くない組み合わせであることからリンクユニットとしても優秀なのですが、リンク用の素材が取集しづらく気軽にリンクできるユニットではないためリンク向きとは言い難いユニットです。
リンクパッシブにレベル2までの全種類のトラップを回避出来るという、トラップの多いダンジョンでは非常に便利なスキルを所持しているのですが、全く同じリンクパッシブを所持しているユニットは他にも存在するため神威狐イナリをリンクする決め手とはなりません。
もちろんリンクすることでのメリットも大きいため、リンクユニットとして候補に挙がる事も十二分にあると思われますが、使用素材やコインも考慮しつつ、ベースユニットとの相性をしっかりと考えてリンクするよう気を付けましょう。

神威狐イナリと相性の良いユニット

狂騒獣タマ
獣族のHPとATKを両方3倍ずつ上げる強力なリーダースキルを所持している事から獣族に統一したパーティーを組む場合まず候補に挙がるユニットです。
また、ノーマルスキル2に炎・風・光パネル1枚ずつで同パネルを生成するBOOSTスキルが付いたスキルを所持している事から炎パネル1枚で攻撃できる神威狐イナリとの相性も抜群です。
神主狐ヤシロ
炎パネル1枚で単体小攻撃、2枚で単体特大攻撃と、神威狐イナリ、狂騒獣タマの両者と相性の良いユニットです。
さらにアクティブスキルに場を全てBOOSTにするスキルを所持している事から火力アップも期待できる非常に便利なユニットです。
征服神ギルガメッシュ
4属性以上で同時に攻撃する時、攻撃力が7.5倍になる、という超攻撃型のリーダースキルを所持しており、扱いが難しいながらも強力なユニットです。
1ターンの間に4属性分のノーマルスキルを発動させなくてはいけないことから、1パネルで炎属性の攻撃が可能な神威狐イナリは征服神ギルガメッシュを使った多色パーティーを組む場合、是非候補に挙げたいユニットです。

神威狐イナリの総合評価

攻守のバランスも良く器用で小回りの利くユニットであるため、主力、というには少々力不足ですが、サポート要員として非常に優秀なユニットです。

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」