現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】魔法少女・巴マミのトラキャンは使える?【評価・強さ・まどまぎ】

トラップ回避のパッシブスキル

魔法少女・巴マミの最大の特徴は、レベル3までの全種類のトラップを回避することが出来るパッシブスキルです。
トラップは非常に厄介な存在で、特に空腹や毒はBOSSへたどり着く前にゲームオーバーになってしまう可能性を上げる大きな要因となります。
そのため、特にフロア数の多いダンジョンやトラップの多いダンジョンに挑む際には是非ともトラップを回避できるパッシブスキルを所持したユニットをパーティーに含めたいところ。
同じ効果を持つパッシブスキルを所持したユニットは、天上獣グリュプス等いくつか存在しますが、それぞれ属性や種族が違うため、どのユニットも貴重な存在です。

 

光属性の3パネル攻撃

魔法少女・巴マミのノーマルスキルは、光パネル3枚で敵単体を光属性で攻撃するもので、使用パネル数が多いことからrateの低下が危惧される少々使い勝手の悪いスキルです。
また、ATKの値も低い事から、ダメージソースとしてもあまり期待できません。
単体でみるとあまり良いことのないスキルなのですが、このスキルとの相性が良い強力なユニットが複数存在することから、所持ユニットによってはこのスキルは有用性の高いものとなります。

光属性かつ人間族と魔物族の2種族持ち

魔法少女・巴マミは上記の通り攻撃面での期待はあまりできないユニットなのですが、同属性のユニットの中でも特に優秀なユニットである神才マクスウェルと堕魔王ヴラドとの相性が非常に良い事から、BOSS戦においてもサブとして十二分に優秀なユニットと言えます。
また、種族を2種類所持していることから、複数のエンハンス効果を同時にかけられるため、パーティー構成によってはダメージソースとして使用することも可能となるでしょう。

 

リンクユニットとして

魔法少女・巴マミのリンクスキルは、パッシブスキルと同じくトラップ回避系のスキルなのですが、残念ながら回避できるトラップのレベルが2までに引き下げられており、優秀とは言い難いスキルへと変わってしまいます。
また、レアリティ、コスト共に低いため、リンクユニットに適したユニットとは言い難いです。

魔法少女・巴マミと相性の良いユニット

神才マクスウェル
光属性の3パネルスキルが成立すると攻撃力が2倍になるという効果を含むリーダースキルを所持している事から、光属性の3パネル攻撃が出来るユニット全般と相性の良いユニットです。
魔法少女・巴マミは光パネル3枚で発動できる、3パネルスキルの中では比較的扱いやすい光属性のスキルを所持していることから、神才マクスウェルを主軸としたパーティーのサブとして候補に挙げられます。
また、神才マクスウェルはアクティブスキルにSPを消費するため、SP管理がしやすくなるトラップ回避のパッシブスキルも有効に働きます。
堕魔王ヴラド
ノーマルスキル2に光パネル3枚、水パネル1枚、回復パネル1枚で発動できる強力な5パネルスキルを所持していることから、魔法少女・巴マミのノーマルスキルによるrate低下のデメリットが薄いのがポイントです。
また、魔法少女・巴マミと堕魔王ヴラドはどちらも光属性かつ副種族に魔物を持っているため、光属性や魔物族へのエンハンススキルを持ったユニットと共にパーティーを組むと更に良いでしょう。
=殺戮天使ジブリール
手札の左から3枚が光パネルになり、1ターンの間、味方の魔物族ユニットが与えるダメージが1.5倍になる、というアクティブスキルが最大のポイントです。
堕魔王ヴラドを主軸に、魔法少女・巴マミをサブに含めたパーティーに是非使いたいユニットです。

 

魔法少女・巴マミの総合評価

単体では使うメリットを見出しにくいユニットですが、他ユニットとの兼ね合いから、かゆいところに手が届く便利なユニットでもあります。
しかし、どういった使い方をするにせよ、上位互換と呼べるユニット、または組み合わせが存在してしまうことから、使えるユニットと呼べるかどうかは他ユニットの所持状況に大きく左右されるでしょう。

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」