現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】再醒コガネは再醒させない方が良い?【評価・強さ】

コガネは再醒させるべきか考える必要あり

助手兎コガネは光拘獣コガネの再醒進化後ユニットです。
光拘獣コガネの特徴を受け継ぎながらも、スキル構成が大きく変わっています。
HPとATKの値は助手兎コガネの方が断然高いのですが、使い方によっては光拘獣コガネの方が良い場合もあるので、再醒進化はしっかりと用途を考えてから行いたいです。

 

SPを3回復するBOOSTスキル

助手兎コガネの大きな特徴はノーマルスキルのラビットフットです。
「光パネル2枚、回復パネル1枚で敵単体に光属性の超特大ダメージを与える。」

という高い与ダメージを期待できるスキルである上、SPを3回復するBOOSTスキルが付属していることから、非常に強力なスキルであると言えます。
しかし、助手兎コガネは他にノーマルスキルを所持しておらず、光パネル2枚、回復パネル1枚の計3枚のパネルを揃えられなければ一切行動できないことから、少々扱いにくいのがネックです。

 

割合でダメージを与えるアクティブスキル

助手兎コガネのアクティブスキルは、味方のHPを25%減らし、敵全体のHPを25%減らす、という割合ダメージのアクティブスキルです。
HP量の多い敵や、防御力の高い敵に対して大きな戦力となるスキルですが、見方のHPも25%減らしてしまうため、使いどころに気を付けたいスキルです。

 

コガネの最大の売り「バックアタックキャンセル」

助手兎コガネ、光拘獣コガネの両ユニットが所持しているのがパッシブスキルのバックアタックキャンセルです。
バックアタックが発生しなくなる、という少々貴重なスキルで、例えば征服神ギルガメッシュをリーダーにした攻撃力偏重の多色パーティーなどで真価を発揮してくれます。
しかし、この「バックアタックキャンセル」のスキルのみに着目すると、ノーマルスキルを出しやすい光拘獣コガネの方に分があるため、あえて再醒進化させて「助手兎コガネ」を使用するメリットはかなり薄いです。

 

リンクユニットとして

助手兎コガネのリンクスキルとリンクパッシブは、ノーマルスキルとパッシブスキルをそのまま引き継いでおり、リンクパッシブにバックアタックが発生しなくなる効果を持っています。
リンクユニットはレアリティとコストが高ければ高いほど強いため、攻撃力に偏重したパーティーで助手兎コガネを使いたい場合にはリンクユニットとして使うのがベストでしょう。

 

助手兎コガネと相性の良いユニット

聖光才カルネアデス
ストーリー上でも助手兎コガネとセットで出てくる聖光才カルネアデスはユニット同士の相性も良いです。
SPを2消費する強力なアクティブスキルを所持している点、光パネル2枚で攻撃できるノーマルスキルを所持している点、光属性のHPと攻撃力を2.5倍にするリーダースキルを所持している点がポイントです。

カルネアデスの光アップとエンハンスは便利!【評価】

 

フクロウの因子:ティナ
パッシブスキルの、場にBOOSTが出やすくなり、最大3箇所まで出現する、というスキルから、BOOSTスキルを所持したユニットとの相性が非常に良いです。
また、1ターンの間獣族の攻撃力を2倍にするアクティブスキルを所持していることから、獣族かつBOOSTスキルを所持している助手兎コガネとの相性は抜群です。
ミレン=トリスタン
回復パネル2枚、光パネル1枚でHPをHPを35%回復する上、敵単体に攻撃力×10倍の光属性攻撃をするBOOSTスキルが付属したノーマルスキルを所持しているのがポイントです。
助手兎コガネのノーマルスキルと相性がよく、更にどちらもBOOSTスキルを所持しているため、BOOSTに光パネルと回復パネルを各2枚ずつ入れることで、攻撃面でも回復面でも安定したパーティーになります。

再醒トリスタンはもしかして微妙【評価】

 

助手兎コガネの総合評価

少々癖のあるユニットですが、SPヒールやバックアタックキャンセルなど便利なスキルを複数持っているため、他ユニットのサポート役として活躍してくれそうなユニットです。SP回復要員としてみた場合は光属性のオリナ=ラモラック(再醒)と存在しますので注意です。

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」