現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】鋼の錬金術師:エドはクソ強い?【評価・使える】

光属性ユニットの攻撃力を2.5倍にするアクティブスキル

鋼の錬金術師:エドの最大の特徴は、1ターンの間、味方の光属性ユニットの攻撃力が2.5倍になる、というエンハンス系のスキルで、光属性のエンハンススキルの中では現状最大倍率を誇っています。
さらに、高倍率なエンハンススキルに多いSPの消費や、こちらの受けるダメージが上昇するデバフ効果を併せ持っていないのも、このスキルの大きな利点です。

 

扱いやすいリーダースキルとノーマルスキル

鋼の錬金術師:エドのリーダースキルは、味方の光属性ユニットまたは人間族ユニットのHPと攻撃力が2.5倍になる、という倍率も高く効果範囲も広い、扱いやすく強力なスキルです。
また、ノーマルスキル1は光パネル2枚で単体特大攻撃、そこに無パネル1枚を足すと単体絶大攻撃のノーマルスキル2になります。
ノーマルスキル2には更にBOOSTスキルも付いており、ここまで扱いやすく、大きなダメージを狙えるスキルは珍しいです。

 

光パネルを生成するBOOSTスキル

ノーマルスキル2に付属しているBOOSTスキルは手札の左から3枚が光パネルになるという非常に便利なものです。
光パネルを使うユニットのみでパーティーを組めばこのスキルの力を最大限生かせます。
しかしこのスキル、発動させた時点で例外なく手札の左側3パネルが光パネルに置き換わってしまうため、回復パネルや、BOOSTスキルを発動させるために使う無パネルなど、必要なパネルは右側に逃がす、回復を優先させたい場合は発動を避けるなど、少々気を使う必要があります。

 

鋼の錬金術師:エドと相性の良いユニット

神才マクスウェル(神・光)

鋼の錬金術師:エドはパネルを3枚使う光属性のノーマルスキルを所持しているため、神才マクスウェルのリーダースキルに含まれる、成立した3パネルスキルの属性で攻撃力が上がる(光:2倍/その他:1.5倍)、という効果の条件を満たせることから、神才マクスウェルを主軸としたパーティーのサブとして有力なユニットです。

神才マクスウェルはフェス限の中でもトップクラスの強さ?【評価】
オリナ=ラモラック(光・人間)
オリナ=ラモラックは鋼の錬金術師:エドとノーマルスキルの構成がほぼ同じため、抜群に相性が良く、鋼の錬金術師エドを使うなら是非一緒に使いたいユニットです。
恋する乙女:桐崎千棘
アクティブスキルに人間族へのエンハンススキルを所持している事と、鋼の錬金術師:エドのノーマルスキル2に更に無パネルを1枚足すことで、追撃のBOOSTスキル付きのノーマルスキル2を発動できる点が嬉しいユニットです。

 

鋼の錬金術:エドの総合評価

鋼の錬金術師:エドは、あらゆる点でポテンシャルの高いユニットです。
光属性属性単一パーティーさえ組めれば、鋼の錬金術師:エドの力のみで通常の神級BOSSであれば余裕で倒すことができるでしょう。
光属性を主軸にしたパーティーを組む際には是非候補に挙げたいユニットの筆頭各です。

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」