現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】新フェス限「グライフ」のHP1残るは使える?【評価・強さ】

新フェス限のグライフのリーダースキル

新フェス限のグライフのリーダースキルは風属性か獣族のHPが3倍と攻撃力が2、5倍になるものです。

ヒスイに続いて風属性のHpを3倍にしつつ攻撃力を2、5にするため、
ヒスイとグライフで挟めばHpは20万も到達しますので、ヒスイを持っている方ならば、スクラッチは引かずフレンドさんのグライフを使うのも手ですね。

 

グライフの火力は残念

新フェス限のグライフは2パネ全体特大なので単体特大よりかは攻撃力が落ちます。
後述するパッシブのために火力は下げられた印象です。

グライフの即死を防ぐスキル

最大HPの時にそのHp以上の攻撃を受けた場合、HPが1残る。
というパッシブスキルを持っています。

これはディバゲ初のスキルですが、今までHP以上の攻撃が来る場合はパネルバリアでなんとかしなければなりませんでした。

 

しかし、パネルバリアは攻撃するためのパネルを使ってしまうため、思ったようにレートも上がりませんし、全く攻撃できないなんてターンもあります。

このスキルのおかげで、そのパネルバリアユニットを入れずに済むということは、それだけレートも上昇し、攻撃できる回数も上がることになります。

 

さらに、回復パネルを毎回確保できればどんなダンジョンでも耐久することが可能です。

そのためにはリーダースキルで特定のパネルを回復パネルに変えるユニットをリーダーに添えると理想です。例えば、炎を回復に変えるツヴァイゼクスフィアなどナンバーズシリーズが特定のパネルを回復に変えるリーダースキルを持っています。コラボだとブラブレコラボの聖天使が所持しています。

 

グライフのアクティブスキルはちょっと微妙

風属性で50倍のダメージを与えて、1ターン味方のアクティブスキルを封印するものになります。

うーん。特に書くことがないようなスキルです。
悪くもないし良くもない。

どうせなら、パネルバリアをアクティブスキルに持ってきても面白かったかもしれませんね。

 

グライフと相性の良いユニット

 

トキワ(再醒・獣・風)

アクティブスキルでHpを100パーセント回復することができます。グライフのパッシブも発動する準備が整います。

 

ヒスイ(フェス限・風・竜・神)

リーダースキルでHP3倍にする効果があります。

グライフと合わせてHpが18万を超えて20万も到達することも可能です。

ヒスイの1ターン遅延は強いのか?【評価】

 

アプリス&タイルくん(再醒・人間・無)

回復パネル2枚で22パーセントの回復ができるためHPを最大で維持する必要のあるグライフは相性が良いです。

アプリス&タイルくんの回復とブースト増加は使える?【評価】

=ツヴァイ(人間・水)などのナンバーズシリーズ

特定のパネルを回復パネルに変えてくれるリーダースキルを持ちますので、グライフの耐久パーティーが組めます。

ツヴァイの火力はなかなか使える?【評価】

 

ティルソン(降臨・無・竜)

グライフで耐久する場合、なんとしても回復事故を起こしてはいけません。そのためリーダースキルで特定のパネルを回復パネルに変更する必要が出てきたり、回復パネルの出現率を上げるユニットが必要になります。

 

そうなると火力が著しく落ちるので、カウンタースキルを持っているユニットで攻撃を補う必要が出てきます。ティルソンは100パーセントで100パーセントのダメージを跳ね返してくれる上に入手のしやすさから、相性がとても良いです。

 

グライフの総合評価

グライフが来て、かなり風パーティーは頑丈になりました。
グライフとヒスイとHPは20万越え、ヒスイで1ターン遅延可能。即死攻撃も防げる。

なかなか硬くなりましたね。
管理人は風パーティーを頻繁に使うのでとても有難い限りです。

 

しかし、火力とアクティブスキルがどうしても微妙ですね。
火力は普通に単体特大でいいですし、
オリエンスやトキワでアクティブ封印対策はできてますから、要らないスキルです。

 

普通の戦い方を求める場合には「上の下」程度のフェス限だと感じます。

しかし、完全耐久カウンターパーティーを組む場合には「上の上」と最高の評価になります。

 

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」