現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】クラウディーのパネルダウンはどう使う?【強さ・評価】

3種類のパネルの出現率を下げるパッシブスキル

雲術師クラウディの最大の特徴は、炎パネルと水パネルと風パネルの出現率が少し下がるという効果を持ったパッシブスキルです。
炎・水・風、3種のパネルの出現率を下げる事により、残りの光・闇・無・回復パネルの出現率を大幅に上げる事ができます。
パネルの出現率を操作するパッシブスキルを持ったユニットは他にもいますが、3種類ものパネルの出現率を下げるスキルを持つユニットはなかなかいません。
下げるパネルの種類が多いため、パーティー内の他ユニットのスキルとの相性には特に気を使う必要がありますが、他4種のパネルの出現率が格段に上がるため、上手く使えばパーティーの要となるスキルです。

 

闇属性妖精族でパーティーを組める

闇属性妖精族には全ユニットの中でも群を抜いて強いユニットが多く存在し、闇属性妖精族のみでパーティーが組める事自体に大きなメリットがあります。
更に、闇属性妖精族パーティーを組む上で特に有力なユニットである堕精王オベロン、闇愛精モルガン、堕闇卿ヘンペル、幾元嬢コスモの4ユニットと雲術師クラウディのパッシブスキルとの相性は抜群です。
堕精王オベロンは闇・無・光パネル、闇愛精モルガンは回復・闇パネル、幾元嬢コスモは闇・回復・光・無パネルをノーマルスキルに使います。

オベロンの絶大攻撃と遅延は強いのか?【評価】
堕闇卿ヘンペルは残念ながらノーマルスキル2に炎パネルを1枚使いますが、このノーマルスキル2は少々扱いづらく、頻繁に使うようなスキルではない事、雲術師クラウディのパッシブスキルは炎パネルを全く出現しない状態を作り出すものではない事から、大きなデメリットとはなりえません。
不要なパネルのみの出現率を適確に下げ、必要なパネルの出現率を上げるスキルを所持した雲術師クラウディは闇属性妖精族パーティーを組む際、非常に有力なユニットです。

 

闇パネル2枚で攻撃できる扱いやすいノーマルスキル

雲術師クラウディは上記のメリットに加え、HPの最大値が3695と高い事と、ノーマルスキルに闇パネル2枚で敵単体に闇属性の大ダメージを与える事の出来る扱いやすいノーマルスキルを所持している事も大きな利点のひとつです。
多きなメリットのあるパッシブスキルを持ちながら、HP面で足を引っ張る事がなく、ノーマルスキルでのHANDS数の上昇を含め、与ダメージアップにも貢献できる非常に優秀なユニットです。
また、リーダースキルに味方の闇属性妖精族ユニットのHPと攻撃力が2.5倍になるという、効果範囲が狭い代わりに強力なリーダースキルを所持しているため、リーダーとしての運用も十分に考えられます。

 

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」