現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【ディバゲ】ドライの火力って使えるの?【強い・評価】

ドライのNSは扱いやすく、大きなダメージを期待できる

ドライ:A06の最大の特徴は、大きなダメージを期待できる2種類のノーマルスキルです。
ノーマルスキル1は風パネル2枚で単体に風属性の中ダメージ、ノーマルスキル2は風パネル4枚で敵単体に風属性の絶大ダメージと、扱いやすさと火力を併せ持ったスキル構成になっています。
ドライ:A06は最大ATKの値が3203と高いことと、どちらのスキルも単体攻撃である事から、ノーマルスキル2の絶大ダメージはもちろん、ノーマルスキル1の中ダメージでも十分な火力を期待できます。
風属性にはパネルの変換や敵のターン遅延、一時的に与ダメージを上げるエンハンスやデバフのスキルなどを最大の特徴とした優秀なユニットが数多くいますが、純粋に火力が高いユニットは他属性に比べて少ない傾向にあります。
そのため、扱いやすく純粋な火力が期待できるユニットであるドライ:A06は、風属性パーティーに欠かせない貴重な火力要員となってくれるかもしれません。
また、HPの値も3026と高く、耐久面で足を引っ張る心配がないのも嬉しいところです。

 

風パネルを生み出す効果を含むアクティブスキル

ドライ:A06のアクティブスキルは、敵全体を攻撃力×30倍の風属性で攻撃する。さらに、手札の左から2枚が風パネルになる、という2種類の効果を併せ持ったものです。
ドライ:A06はATKの値の高いユニットであるため、攻撃力×30倍の風属性攻撃によるダメージも強力ですが、これ自体はよくある効果です。

もう一つの効果の風パネルを生成することが出来る点が、このスキルの有用性を大幅に押し上げています。
上記の通り、風属性ユニットには有利な条件を揃える事に重きを置いたユニットが多く存在するため、最大限に有利な状況を作り上げた上でノーマルスキルに使用するパネルを確実に2枚確保できるというのは非常にありがたい効果です。

このASの観点からもヘズの2倍エンハンスが有効になってきます。

ヘズのエンハンスは風属性パーティーに必須?
アクティブスキルで大きなダメージを与えた後、ノーマルスキルでのダメージを確実に狙える、非常に有効なスキルと言えるでしょう。

 

アクティブスキルの効果を最大限引き出すタイミング

ドライ:A06のアクティブスキルは上記の通り優秀なスキルなのですが、使うタイミングを間違えるとその効果を半減させてしまいます。
エンハンス(ヘズ、ニセコイコラボの小野寺小咲の無印など)やデバフ(サナエやストブラのラフォリア、七つの大罪のキングなど)の効果を持つアクティブを持つユニットがパーティーにいる場合には、ドライ:A06の攻撃力×30倍の攻撃にもその効果を乗せるため、同じターンかつドライ:A06のアクティブスキルより先に発動させたいところ。
また、風パネルに変換するパネルが左から2枚であることから、アクティブスキルを使う前に、使わないエナジーパネルを左に移動させる必要もあります。
ドライ:A06のアクティブスキルの効果を最大限使えるよう、しっかり準備を整えてから使いましょう。

ドライを使う場合の相性の良いユニット

風エンハンスのヘズ

使うパネルが重なる再醒オリエンス

手札がヒスイのASでオールレスになるヒスイ

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」