現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【パソコンどれがいい?】「windows」と「mac」と「Linux」の違いとは?

 

今のPCのOSはwindows、macが主流で、時々Linuxといったところでしょうか。
windowsやmacでは両者に出来ることに大きな違いはありませんが、操作の方法や文字等の見え方で
少し異なっているので、そこに好みが分かれるところだと思いますね。

 

OSによる特徴をまとめてみた

そこで、OSによっての特徴をまとめてみたいと思います。これから新しくPCを導入したい方や、
OSの違いがいまいち分からないという方に見て頂きたいと思います。

 

世界中で広く使用されている「windows」

Microsoft 社がつくっている OSであり、最も普及されているといっても過言ではないのがwindowsです。
エディションも細かく用意されているので、ユーザーの使用目的によって選ぶことが出来ます。
また、間違ってエディションを選んでも、追加購入で上位のエディションにアップグレードすることが可能です。
先ほど述べたように、一番普及しているのがwindowsですので、使い方についての情報などが
一番多く手に入りやすかったり、PCの機種やソフトの種類も豊富であったりと利点があります。

 

グラフィックや音楽に強い「mac」

Apple 社がつくっている OSでリンゴのマークで有名です。
現在では当たり前に導入されている、マウスでアイコンをクリックするというグラフィック系のOSとして
初めて登場したのがmacです。
そのため、今でもグラフィック系を生かし、マルチメディア系に強く、映像や音楽などのクリエイターに人気が高いです。
Apple 社製の他の機器との相性はもちろん一番良いです。(iphoneやipad)
また、OSの動作が軽いのも人気の秘訣かもしれません。

 

縁の下の力持ち?「Linux」

1991年にフィンランド人の「リーナス・トーバルズ」氏によって開発が開始されました。
オープンソースで公開されていて、ライセンスの範囲内なら、誰でも使用したり、改変や再配布が可能です。
問題点が発見されると多くの人の目によりすぐに改良が行われるので安定性や安全性が高いのも特徴かと思います。
Linuxの開発携帯もまた特徴的で、世界中のプログラマーや企業が開発に協力しています。
ディストリビューションによっては軽量タイプもあり、最新のwindowsが動かないPCや動作が遅いPCでも
Linuxならサクサク動く場合があります。
そのため、使われなくなったPCの再活用に向いていると言えます。
また、サーバーの多くにLinuxが使われていたりします。

 

【パソコンどれがいい?】「windows」と「mac」と「Linux」の違いのまとめ

 

いかがでしたでしょうか?
私的には、オンラインゲームや様々なソフトを使いたい方は「windows」
映像や音楽などクリエイティブな使い方をしたいのならば「mac」
古くなったPCなどを再活用したい場合は「Linux」がいいんじゃないかな?と思っています。
是非、用途に合わせたPCを選んで活用してください。

 

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」