現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

【新型「Mac Book」レビュー】買うべきか?買うだけ損か?その実力とは?【体験談・口コミ・評価】

新型MacBookのレビューをしてみる!

 

2015年4月10日に発売されたAppleの新モデル『MacBook』を触れる機会がやっと訪れたので、レビューしてみたいと思います。
まず最初の驚きはMac史上最薄と言う本体の薄さです。最厚部13.1mmとの事ですが手前にかけて薄くなって行くので、相当、薄く感じます。
そしてMac史上最軽量920gと言う軽さもあって、持ち運びには最適だと言う感想を得ました。
筆者は、普段、MacBookPro13インチRetinaモデルを使っているので、余計に薄く軽く感じました。
MacBookの12インチRetinaディスプレイは作業をするのにはまったくもって問題のないサイズで、Retinaの美しさも従来通りです。

 

新型MacBookのキーボード

 

次にキーボードですが、本体が薄くなったと言う事で、キーストロークはかなり浅めで、最初こそ打鍵感に違和感を覚えましたが、慣れればまったく問題がないと思います。逆にMacBookの打鍵感の方が好きと言う人もいると思うので、そこは個人的な好みかなと思います。
そして、最大の特徴だと思うのが、新しくなった感圧タッチトラックパッドです。浅く押した時と深く押した時、それぞれフィードバックされるクリック感に違いがあり、ジェスチャーと合わせると今までより更に多彩な操作をトラックパッドだけで行えます。MacBookシリーズを使うと、もう、マウスを使う気が起きなくなりますが、この新しい感圧タッチトラックパッドに慣れてしまうと後戻り出来なくなりそうなやみつき感を感じました。

新型MacBookのCPU

 

CPUは、Intel Core Mを搭載しており、最下位モデルで動作周波数が1.1GHzと言う事で、遅さやもたつきを感じるかと思いましたが、特に高画質の動画のエンコードなどを行うなどしなければ、まったく問題ないと思うくらい操作しててもストレスを感じる事はありませんでした。
ストレージは、最下位モデルでも256GB、他のモデルでは512GBのSSDなので、十分だと思います。
メモリも全モデルで8GBを標準搭載しているので、こちらも十分だと思います。

 

新型MacBookの最大の問題

 

さて、筆者が個人的に、この新型MacBookの最大の問題だと思っているのが端子です。電源端子を兼用するUSB3.1Type-C端子1つのみと言うシンプルさ。やり過ぎじゃない?とも思えるAppleの攻めの姿勢を感じます。前述した通り、筆者はMacBookProを使っているので、光学ドライブやLANケーブル端子は無くても問題ないと思ってますが、USB端子は複数あった方が良いと思うのが正直な所です。

 

USB端子は要らない新しいノートパソコン

 

ただ、ファイルのやり取りなどはiCloudやAirDropで、音楽はiTunesで、アプリはAppleSoreでと、提供しているオンラインサービスを使えば、不必要なUSB端子は要らないと言うAppleのノートパソコン新たな使い方の提示こそ、新型MacBookのウリなのではないか?と考えると、この機種を発売した意義がひときわ明確になっていると思います。

 

まとめ

一応、互換性を考えるとオプションの『USB-C – USBアダプタ』は必要だとは思いますが、新型MacBookを実際に触ってみた感想から得た筆者の答えは、十分、買うに価する機種だと思いますよ。

 

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」