現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

アドウェア「Babylon Toolbar」に注意?アドウェアの意味や対処方法とは?

 

あれ?なんかサイト開いたら変なページに切り替わってるんだけど・・・

 

こういった経験ありませんか?

例えば、グーグルクロームの訪問当選に選ばれました。とか。

 

スクリーンショット 2015-05-17 4.37.48

 

変なアダルト広告が表示されたりとか。笑

 

スクリーンショット 2015-05-19 5.48.29

こういったいきなり広告やページが表示されるのをアドウェアというのですが、

本来、広義でのアドウェアとは広告を表示するソフトウェアの事を指し、必ずしも悪意のあるものではありません。

 

無償でソフトを使用できる代わりに広告を表示することで、提供元とユーザーの両者に利益となる優れた一面もあります。
しかし、最近では頻繁にポップアップ広告を出したり、ホームページを書き換えたりするなど迷惑な行為を働くものが多く、嫌われる対象となっています。
代表的なアドウェアとしては、Babylon Toolbar以外にもyantoo、Hao123などが挙げられます。

 

 

アドウェア「Babylon Toolbar」の侵入経路

アドウェアがパソコンに侵入する契機として最も多いのは、海外製フリーソフトのインストール時です。

このようなソフトの場合、インストーラを起動すると使用許諾の同意文につづいて次々とインストールが進んでいきますが、文章が英語であったり、お決まりの文言であるため、読み飛ばしている人も多いと思います。

実はその途中に、アドウェアのインストールを選択する項目があり、知らないうちに侵入を許しているケースが多いのです。

 

 

アドウェア「Babylon Toolbar」の削除

アドウェアの削除ツールでオススメなのが「Malwarebytes Anti-Malware Free」です。

有償版と同等の高い検出力があり、スキャンも高速です。また、非常駐型ですので、普段のPCのパフォーマンスを下げること無く使用できます。

日本語言語ファイルが最初から入っているので、メニューのSettings>Languageで設定を済ませると日本語で使用することが出来ます。

使い方もシンプルで、システム全体もしくは任意の領域を選択してスキャンを実行します。

スキャン後、脅威が発見されれば確認画面がでますので、問題がなければ削除を実行します。

 

 

アドウェア「Babylon Toolbar」のまとめ

アドウェア「Babylon Toolbar」の厄介な点として、一般的なアンチウイルスソフトの検出にかからず、削除が難しい事が挙げられます。

アドウェアが侵入してしまった場合、知識や情報があれば手動で削除するか専用のソフトウェアを使うことで対処しますが、必ずしも削除出来るともかぎりません。大前提として簡単に不必要なアドウェアの侵入を許さないことが重要になります。

 

 

 

関連記事

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」