現在はディバゲ・モンストについての情報サイトです

10万人の来場者では足りない?ニコニコ超会議の成功は企業がいくつ参加するかにある?

毎年4月末に行われる「ニコニコ超会議」あなたは参加されましたか?

 

開催の都度10万人もの来場者に加え、ネット来場者は何百万ものユーザーが視聴するなど、

オタク文化の一大イベントと言っても過言ではないほどにまで成長しました。(オタクの底力は凄いですね笑)

 

その成長を支えているのはニコニコ動画を愛するユーザーや、

ニコニコ生放送を行う生主たちの支えがあってでしょうが、

この大イベントに目を付けた企業によるところが大きいでしょう。

 

ニコニコ超会議は赤字でもしっかりと報告している

ニコニコ超会議の結果報告イベントが毎年催されていますが、

そこでは総来場者数の発表のほかに「収支報告」も行われており、

2012年に行われたニコニコ超会議では4億7千万円の赤字を出したと包み隠さず報告しました。

(この赤字を包み隠さず報告する行為自体は、ニコニコユーザーから好感を得る意味でも抜群の効果があると言えます。)

 

翌年は8800万円、2014年は7000万円の赤字だと報告しましたが、

これら赤字がここまで縮小できたのは2日間の短期間イベントにも関わらず参加ユーザー数が異常に多いことです。

 

直接来場するまでに至らずとも、ニコニコ生放送内で会場内やイベントの様子が放送されているため、

様々な層のユーザーが生息するニコニコ動画ですから企業にとって認知度を高めるのには絶好の機会となります。

 

ここにスポンサーとして参入することは非常に効果が高いと考える企業が多くおり、

また運営側にとっても企業の出展によりイベントに華やかさが増すと同時にイベントの運営費を賄えるわけですね。

ネット住民の反応は何よりも宣伝効果が高い近年ですから、企業と超会議の間にはWIN-WINの関係性が成り立ちます。

(今年は航空会社も参加したそうです。客室乗務員がボーカロイドの踊りをしている映像は面白かったですね。笑)

 

ここまで起業から注目度の集まるイベントになったのはオタクネットワークのおかげですし、

それを操作した、着火させたドワンゴもまた新時代のマーケティング企業と言えますね。

 

また企業だけではなく政党やオタク文化とは無縁な相撲・将棋界まで参入してくるようにまでなりました。

最近では小林幸子がコミックマーケットに出現するなど、ネットユーザーの反応に合わせた人物を呼ぶ傾向にありますが、

これも超会議側の参加ユーザーを満足させるための企業努力かもしれません。

 

 

ニコニコ超会議の2015の収支報告の予想

 

2015年4月25・26日に行われた「超会議2015」の収支報告はまだ行われていませんが、

しかし今回は幕張メッセの全会場を押さえての開催となったため、

赤字額は前年より同等か抑えられても5000万くらいが限界でしょう。

しかし「赤字報告」が毎年イベントの締めくくりのようなところがあるため、いずれにせよ超会議側は大成功、の結果となるでしょう。

 

最近の投稿

管理人プロフィール


管理人:フジタ
性別:男性

IT、デジタル分野の情報を発信するサイトです。
現在、ディバインズゲートってアプリにハマり中。
そのため、ディバゲの記事多め。
一番好きなキャラは風画伯フィンセント。もう見た目がタイプ。

愛用スマホ:iphone5s
愛用PC:macbook air
趣味:アプリ「ディバゲ」
「カフェ巡り」
「旅行」
「おいしいお店を見つけること」